BLOG@managon

日々考えている内容をまとめています。

Category: 政治のこと

参議院選挙が始まりました。争点のひとつは憲法96条の改正です。

安倍さんは選挙前にトーンダウンしていましたが、夢は捨てきれないようですね。
首相:96条に再言及 自民草案、見直しに柔軟− 毎日jp(毎日新聞)
安倍晋三首相は7日のNHK番組で、憲法について「6割の国民が変えたいと思っても国会議員の3分の1超が反対すればできないのはおかしい」と述べ、改憲の手続きを定めた96条を見直し、発議要件を衆参両院の過半数(現行3分の2以上)の賛成に緩和することに改めて積極的な姿勢を示した。


現在の96条は次のようになっています。
日本国憲法第96条 - Wikipedia
第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。



安倍さんが変えようとしてるのは次のとおりです。
(変更前)
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。

(変更後)
この憲法の改正は、各議院の総議員の二分の一以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。


ですが、僕は、憲法96条は次のように改正したいと考えています。続きを読む

小沢一郎氏が仕掛けて、政権を奪うことにもつながった「二大政党制」(*1)。そして、日本維新の会が掲げている「首相公選制」。どちらも魅力的な制度ではあるけども、現時点ではうまくいかないと考えています。

それは、日本の官僚が日本国家に属しており、政党に属していないからです。(この書き方が誤解を招くと思うので、説明していきます。)

続きを読む

↑このページのトップヘ